2013年10月26日

発見!お宝!田辺市



tana_map.jpg
【市町村塗り分け地図で見るととても大きい田辺市】


「平成の大合併で、旧田辺市をはじめとする1市2町2村が合併して、広くなった」と田辺市紹介の際に、枕詞のように言いがちだ。しかし、合併は2005年5月のことで、あと1年半あまりで10年が経つ。田辺市は、和歌山県の4分の1近くの面積で広いのだ。一方、田辺市の中心部、市街地は大きく変化し、美しくなった。高速道路の開通からまもなく6年、その影響は絶大といえる。そして、今年、県南部の玄関口、JR紀伊田辺駅前が広くきれいになった。

rw131026_06.jpg
【美しく広くなったJR紀伊田辺駅前】

続きを読む
posted by wbs at 17:40| 田辺市

2013年09月28日

発見!お宝!高野町



koya_map.jpg
【訪れるたびに発見がある奥深さ、高野町】


来年、2014年は「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産登録されて10周年、再来年、2015年は「高野山開創1200年」を迎える。これらの年を和歌山県ではゴールデン・イヤーと位置づけ、多くの観光客に和歌山を訪れてもらおう、県民あげておもてなしの心で迎えようという気運が高まっている。JRグループと和歌山県などが来年展開する大型観光キャンペーン「和歌山デスティネーションキャンペーン」、その1年前として今月14日から始まった「プレキャンペーン」もそれらを後押しする。和歌山がスポットを浴びる年、舞台の中心のひとつは高野山となる。

rw130928_38.jpg
【町の観光大使に任命されたこうやくんの石像】
続きを読む
posted by wbs at 18:10| 高野町

2013年08月31日

発見!お宝!和歌山市



waka_map.jpg
【田舎の良さを持つ、そこそこ都会の和歌山市】


和歌山市は中核市で、和歌山県の県庁所在地。紀ノ川の河口平野に街が広がり、人口は約37万人。市街地の中央には白亜の和歌山城天守閣がそびえる。JR和歌山駅・南海和歌山市駅を擁する和歌山の玄関。和歌山県の中ではイチバンの都会で、最近では、ヒートアイランド現象がみられるほど。今年の夏は、最高気温が35度以上となる猛暑日が12日もある(8月31日現在)など暑かった。海も山も、施設も充実している和歌山市。

rw0831_56.jpg
【和歌山市役所前の国体開催までの日数カウントダウンボード】
続きを読む
posted by wbs at 16:33| 和歌山市