2014年03月29日

発見!お宝!広川町



hiro_map.jpg
【昔は防災先進地、今はクリーンエネルギー先進地】


広川町といえば、稲むらの火、濱口梧陵(はまぐち・ごりょう)がまず浮かぶ。古くから防災への取り組みで知られる。また、この時期は、湯浅町との境界を流れる広川河口で、産卵のために遡上するシロウオを伝統の四ツ手網ですくい取る漁風景が風物詩となっている。加えて、最近10年くらいで、県内に急速に増え、尾根に並ぶ風車(風力発電所)という新しい景色が生み出されたのは、ここ広川町から。風力発電適地、先進地だ。

rw140329_12.jpg
【尾根に並ぶ風力発電の風車】


意外な気もするが、有田川・日高川をはさむ地域は、一年を通じ、特に秋から冬、春先にかけ、発電に適した程度の強さの安定した北西風が吹くという。加えて、林道があったり、鉄塔があったりと、発電風車建設のための周辺コストが抑えられることも歓迎され、この地域は、まだ増える勢いだ。町営風車(風力発電所)も一基持つ。電力は100%売電(関西電力に販売)している。年間2,200万円〜2,500万円の売り上げ。風車の耐用年数は20年くらいで、10年で元を取れる計算と、広川町の西岡利記(にしおか・としき)町長はいう。この風車は結構稼ぐのだ。

rw140329_13.jpg
【広川町の西岡利記町長】


広川町の特産、お土産は…?そう、これというもの、知名度のあるものがない。町では補助金を出して、その開発に取り組んでいるという。最近では、北山村以外でも栽培が出来るようになったジャバラの加工品や、新鮮な魚のひらきがあり、ぜひ味わって欲しいと町長はいう。さらに、来月から、しょう油ソフトクリームが新たに登場する。これらは、稲むらの火の館前の観光案内所やほたるの湯で買うことが出来る。




町営風車(風力発電所)は、その真下まで行ける。見上げると大きな羽根がグイングインと音を上げて回っていた。こわいほどのスゴイ迫力。

rw140329_11.jpg
【町営の風力発電所(風車)の真下まで行ける】


そこには、風の強さや発電量が電光表示されている。

rw140329_10.jpg
【風力発電所(風車)を見上げる西林リポーター】





今回の体験は、和歌山県立自然博物館主催、「きのくに野外博物館」シリーズ「恐竜をさがせ!!」。大人気行事で、第17回となる今回も100人の募集枠に、1,100人以上の申し込みがあった。西林一家も申し込んだがハズレた。場所は、白亜紀(はくあき)の地層が露出している広川町平木(ひらき)海岸。県内初の恐竜の化石発見を目指し、2001年から毎年開催しているという。実際に発見されたのは2007年6月で湯浅町の海岸だったが、その地層は、広川町の和田から白木の海岸と同じ「湯浅層」と呼ばれる続きで、白亜紀前期、約1億3千万年前の地層。恐竜のほかに、二枚貝や巻貝、シダ類などの植物の化石が出土する。残念ながら、今回のイベントでは、ニュースになるような発見はなかった。

rw140329_08.jpg
【恐竜をさがせ!!始まる(平木海岸)】


県立自然博物館の小原正顕(おはら・まさあき)学芸員のほか、近畿地学会の高田雅彦(たかだ・まさひこ)さん、特別講師の菊池直樹(きくち・なおき)さんという、国内で実際に恐竜の化石を発掘した「経験者」3人を中心に、専門家も多数いて、参加者が見つけたお宝をその場で鑑定してくれる。

rw140329_03.jpg
【和歌山県立自然博物館の小原正顕学芸員にお宝(?)鑑定を託す西林リポーター】


rw140329_04.jpg
【近畿地学会の高田正彦(右)さんに鑑定してもらう参加者】


rw140329_09.jpg
【特別講師の菊池直樹さん(左)に鑑定してもらう参加者】


大人が一生懸命になる、夢中になって石を割り、小さな貝や植物の化石に大興奮。西林リポーターもハンマー片手に力が入る。

rw140329_07.jpg
【ハンマーで石(岩)を割る西林リポーター】


rw140329_06.jpg
【化石が入っている(とみられる)岩を割る】


なかなか見つからない西林リポーターに対し、要領よく次々に見つけ出す初参加のかつらぎ町の女性3人。「なんでー」「どこ?」を連発の西林…。

rw140329_05.jpg
【かつらぎ町から来た初参加の女性のお宝】





今の時期は桜。広川(ひろかわ)上流の広川ダムを中心とした川沿いに沢山植えられていて、美しいという。さくらが終われば蛍の季節になるという。一方、阪和道・湯浅御坊道路の広川南インターを降りて、山あいへ向かうと夏明(なつあけ)温泉があり、さらにいくと初夏のころから花畑になるという猪谷(いだに)地区がある。ワラで作ったストローベイルハウスなる小屋もある。花が咲くころに訪れたい。

rw140329_14.jpg
【ストローベイルハウス(右奥)と花畑(花は、今の季節はない)】


rw140329_15.jpg
【夏明温泉せせらぎの湯】





関連リンク





今回のプレゼントは、広川町の「ジャバラジャム」を3人の方に。番組あて「広川町のプレゼント」係へ。応募〆切は、2014年4月20日必着。プレゼント応募の際、番組への意見や感想などをお書きいただけるとうれしいです。当選発表は商品の発送を以て代えさせていただきます。

posted by wbs at 17:08| 広川町