2011年08月27日

発見!お宝!北山村



北山村は和歌山県でありながら、県内の他の自治体と境界を接することのない飛び地の村。一つの自治体すべてが飛び地になっているのは全国で北山村だけ。加えて、山深い場所に位置していることから、近年、道路は良くなったといってもなかなか簡単に行ける場所ではありません。


【全国唯一の飛び地の村・北山村】
平成の大合併で他の自治体と合併して飛び地を解消するという選択肢をあえて選ばなかった北山村。キビシイ選択だったが、結果としては、良かったのではないかと奥田村長は話す。

ただ、人口500人は少ない。北山村の適疎人口は600人くらいではないかと村長。だから、今は、村に住んでもらえるよう子どもの教育に力を注いでいるという。

また、人気が全国区の観光筏下り、ジャバラ、そして、村ぶろ。バーチャルとリアルの交流、融合という北山村の戦略は、着実に実を結んできている。⇒ 「村ぶろ」

行こうと思っても簡単には行けない。それでも行ってみる価値がある村。そんな北山村に出掛けるきっかけづくりも用意されている。

今年5月にリニューアルオープンした「おくとろ温泉」には、眼下に北山川を眺められる筏露天風呂やジャバラ風呂が登場。⇒ 「おくとろ温泉」


【北山村の奥田貢村長】


村ぶろオフ会や北海道の上士幌町との交流を晩秋のジャバラ収穫時期にあわせて開催する「ジャバラ収穫祭」は年々規模が拡大。去年は村人口の3倍もの人が訪れた。今年はそれ以上のものにと、村の青年会が企画中だ。⇒ 上士幌町


【北山村青年会・会長の中瀬洋伸さん】


急流北山川で、今年からフリースタイルカヤックの関西地区大会が開かれる。大会は9月18日と19日で、大会前日の17日にはカヤック体験会もあるという。⇒ 「アイスマン」 ⇒ 「日本フリースタイルカヤック協会」

※台風12号による北山村および周辺への被害などの影響で「フリースタイルカヤック関西地区大会」及び「体験会」は中止となった。


【アウトドアクラブ アイスマンのマネージャー 海野誠さん】


今月のプレゼントは、「じゃばらまる」と「じゃばら果汁10%ドリンク」をセットにした「じゃばら夏ギフト」を3人に。締め切りは、9月23日(金)必着。


【じゃばら夏ギフト】


posted by wbs at 13:46| 北山村