2011年05月28日

発見!お宝!田辺市



全国植樹祭が行われ、注目度が高まっている田辺市。人口では和歌山県内2番目の8万人あまりだが、6年前の合併で広く大きくなって、面積では、和歌山県全体の4分の1を占める。

manago_shicho.jpg
【田辺市の真砂充敏市長】
/div>田辺市といえば「○○」とひとことで言い切ることが難しいほどに、いろんな産物や資源があり、それらをどう活かしていくかが鍵となっている。

before.jpgafter.jpg
【6年前の合併で広く大きくなった田辺市】


田辺市では今年を価値創造元年と位置づけた。そして4月、交流推進係という部署を新設。物の交流、人の交流を図るために、売り込みに懸命だ。

member.jpg
【田辺市 交流推進係の皆さん】
《後列:左から、山本良明さん、松本早也香さん、
前列:左から室井利之さん(産業部理事)、岸上光克さん》


今月のプレゼントは、「田辺市秋津野産のみかん&ジュース」番組特製詰め合わせを3人に。どんな物が届くかは、お楽しみお楽しみ。どんどんご応募ください。締め切りは6月24日必着。

present.jpg
【一年を通じ、いろんな柑橘が実る田辺市】
※この写真とプレゼントは、直接関係ありません。


shinjo_park.jpg
【田辺市 新庄総合公園 野外音楽堂】


田辺市を取材に訪れたのは、全国植樹祭の2日後。式典が行われた新庄総合公園では、イベントの撤収作業が続いていて、野外音楽堂を中心に、一部、入れない区域もあった。両陛下がお手植え、お手蒔きされた苗や種もこの日は見ることは叶わなかった。今後、この公園で、大切に育てられていくという。

posted by wbs at 12:26| 田辺市