2011年03月27日

発見!お宝!串本町






本州最南端・潮岬.JPG
串本.jpg
本州最南端の串本町は、海の幸・山の幸の恵まれた自然溢れる町です。
海の恵みがある反面、先日の東北で起きた大震災では、串本でも1.4bの津波を観測し、漁業関係に大きな被害をもたらしました。

大きな被害を受けた岩手県の宮古市と友好関係にある串本町は(※串本は本州最南端、宮古は本州最東端)
震災直後に宮古市に「何が必要か」を聞き、一日で「白米」20dが集まり、翌日トラック2台で宮古市に向かいました。南端密姫収穫.JPG
南端密姫.png
串本で昔から作られていたサツマイモ「サイパンいも」。
「南端密姫(なんたんみつひめ)」と名付けて売り出し中です。
焼き芋やアイスクリーム、干し芋などが人気です。


さつまいも会稲垣晴二会長.JPG
「串本さつまいも会」の稲垣晴二会長。
これからは若い人や子供たちも一緒に、串本の特産品に育てていきたいと夢を語ります。



ポンカン竹田さんご夫婦.JPG
重山でポンカンを育てている竹田敏明さんと由紀子さん。
銀行マンだった竹田さんは3年前からポンカン農家に転身。
土づくりからこだわって、エコファーマーの認定も受けています。
夏のイメージが強い串本ですが、冬でもポンカン狩り(12月〜1月)などの楽しみがあることを広めたいと話します。竹田さん宅では「民泊」も行っています。


ぽんかん.jpg
竹田さん自慢のポンカンを使った商品。
詳しくは、TEL&FAX 0735-72-1849  
http://www.kushimoto-ponkan.jp/index.htmlへ。



串本町産業課・芝崎さん.JPG
まだまだある串本の魅力を、掘り起こし発信していくサポートをしたいと話す串本町産業課の芝崎晴也さん。(橋杭岩で)



田嶋勝正串本町長.JPG
120年以上前に、串本大島で遭難したトルコの軍艦「エルトゥールル号」の乗組員を救助した島の人々の行いは串本町民の誇りです。町では映画化の話も進んでいます。
田嶋勝正町長は「今の時代にこそみんなに知って欲しい。事故の後、トルコ帝国から村の医者に『薬代・治療費を請求して欲しい』との手紙。それに対し村人は『最初からお金は頂くつもりはありません。どうぞ皆さんへの義捐金にして下さい』と返事をしています。(※10年ほど前に、町内の無量寺で見つかる)この思いは今にも受け継がれています。」と語ります。



「くしもとぽんかんジュース」と「串本の塩」.JPG
今月のリスナープレゼント。
ポンカンジュースと、薪で炊き上げて作る「串本の塩」をセットにして3人の方に・・・。
posted by wbs at 17:38| 串本町