2010年04月29日

発見!お宝!かつらぎ町





天野の里
トンネルを抜けると広がる「かつらぎ町・天野の里」。
作家・白洲正子さんが「高天原もこういう地形だったのかも知れない・・・」と随筆『かくれ里』で書いたように、「空気」と「時間」がふっと変わったような気がします。丹生都比売神社・太鼓橋
世界遺産に登録されている「丹生都比売神社」の朱塗りの太鼓橋。



坪井哲夫さん
自身も14年前に大阪から越してきた坪井哲夫さん。
長年の「舞台照明」の経験を活かして、
丹生都比売神社のライトアップなど皆さんに頼られています。
「天野の里づくりの会」副会長。


上平仁さん
4月の初めにご夫婦で大阪から越してきた上平仁さん。
大阪からの交通の便と「里づくりの会」の皆さんの熱意が
決め手だったそうです。


宮本忍さん
かつらぎ町の隣「紀の川市」からのIターン宮本忍さんは、
畑や田圃で子供達に自然を体験してもらえる環境を作るのが夢だそうです。


山羊のユキちゃん
宮本さんの畑の「山羊のユキちゃん」。
一生懸命雑草を食べています。天野の里には10頭ほどの山羊が、
草を食べて農作業の手伝いをしています。


谷口千明さん
「天野の里づくりの会」会長の谷口千明さんは、元学校の先生。
地元を活性化するために色々な企画を考えています。
Iターンなど、勧誘するだけでなく来てもらってからのフォローが大切と話します。


山本恵章かつらぎ町長
1年中果物が獲れるかつらぎ町は「フルーツ王国」です。
世界遺産の「丹生都比売神社」や「高野町石道」など、観光資源も豊富です。
都市との交流、人と人のふれあう町づくりを目指す山本恵章町長です。


天野の里の「バラ」
天野は「バラ」づくりに適しているそうです。
盆地特有の気候が花の色を鮮やかにするそうです。
今月のリスナープレゼントは、
佐藤バラ園の佐藤三枝子さんが選んでくれたバラを花束にして3人の方に・・・。


posted by wbs at 17:08| かつらぎ町