2009年11月28日

発見!お宝!白浜町





IMGP3327.JPG
観光白浜のシンボルのひとつ「パンダ」。中国以外では世界一多い7頭の愛らしい姿を見ることが出来ます。



IMGP3350.JPG
今年10月13日に生まれた「ホッキョクグマ」の赤ちゃん。人工飼育は難しいそうですが、スクスク育っています。



IMGP3291.JPG
「中みのりの会」のメンバーが飲み会で「松露(しょうろ)」の想い出話をしていて、次の朝、念のために見に行ったら松露が顔を出していました。白浜町・中地区の海岸沿いに1q近く広がる松林は、かつて町の家々が落ち葉を「焚き付け」などに利用していたので自然と環境を整えていた事になります。


IMGP3292.JPG
「中みのりの会」会長・浜口弘悦さん(左)と中区長の坂上喜夫さん(右)。10人程のメンバーで始めた松林の整備ですが、今では地区の人や小学生が持ち場を決めて活動してくれています。「松露」の懐かしさから始まったこの取り組みが環境保全や町おこしの助けになればうれしい、と話しています。


IMGP3290.JPG
白良浜では12月1日から1月31日まで「白良浜イルミネーション・白砂のプロムナード」を展開しています。温泉、足湯、クエ料理など楽しさいっぱいの白浜へどうぞ、と観光協会の尾崎成史さんです。


IMGP3286.JPG
白浜へ何度も足を運んでもらうためにも「町の文化力」を高める事が大切と、立谷誠一白浜町長です。


今月のプレゼントです!
IMGP3356.JPG
「パンダ」と「ホッキョクグマ」のぬいぐるみをそれぞれお一人の方に。詳しくは番組を聞いて下さい。

posted by wbs at 15:00| 白浜町