2009年02月28日

発見!お宝!有田市

有田市は知る人ぞ知るグルメのまち。アイスボックス持参で、行ってきました。(って買い出しか?)

<↓↓番組をお聞きいただけます↓↓>

http://wbs.websozai.jp/waka/rw090228.mp3


タッチーがお出迎え
aritattii090215
有田大橋南詰めにそびえますのが、タチウオのモニュメント「タッチー」。有田市は、タチウオの漁獲量が日本一。実物にお目にかかろうと、辰ケ浜漁港の魚屋さんを物色。タチウオはもちろん、並んでいる魚は、どれもウロコのきらきら度がその辺のパック詰め切り身とは段違い。あれこれ魚を買い込んだ後、近くのかまぼこ屋さんで名物「ほねく」(→ほねくりてんぷらの略。原材料はタチウオが約7割。)を、シラス屋さんでは釜揚げと一夜干しの2種類を購入。アイスボックス大活躍なり。この日の我が家の夕食は、タチウオとイワシの刺身、シラス丼、ほねく…と有田づくしに。


食べたことある?太刀魚寿司
aritatisusi090215
サンマやサバの寿司は食べたことのある方も多いでしょうが、タチウオの寿司ってどうですか?私はこのたび初体験。食べてみるとこれが、クセがなくてクセになる上品なお味。青魚の押し寿司が苦手な方も、これならいけるはず。新鮮な太刀魚がふんだんに手に入るまちならではの、オツな一品ですね。

会見と運転の前には控えてね
arimikasake090216
有田といえばミカン。そのまま食べておいしい有田ミカンの果汁を、日本酒の酵母とあわせて醸造。ミカンのお酒ができちゃいました。日本酒のコクがミカンの酸味や香りとともに口の中で広がる、爽やかなお酒。太刀魚寿司にも合いますよ〜。口当たりのよさに飲みすぎて、二日酔いでモウロウ運転なんてことのなきよう、ご注意を。

新・箕島伝説つくっちゃらよ!
arimino090216
この春、18年ぶりのセンバツ出場となる箕島高校硬式野球部。松下博紀監督は、「甲子園へ向けての練習の中で、何かを感じとってほしい。また甲子園での経験を自分のものにして、一回り大きくなってほしい。そして新しい箕島をつくっていってくれれば。」選手の自主性を重んじ、細かい指示はほとんど出しません。ほぼ毎日練習を見にいらっしゃるという尾藤公元監督も、「放っておいたって、いずれ気づくんよ。」本人が自ら気づくのを待つ・・・難しいですよねー、しかし。私も、余計な口出しをせずに待てる母親になれるよう、がんばります。

望月良男市長
arisicho090216
箕島高校野球部OBの望月市長は、36歳。昨年9月に就任した、県内最年少市長です。休みの日には、子連れで母校へ野球の練習を見に行き、後輩たちにノックをすることも。「自分が選手としてやりたいくらい。」と市長室に置いてあるバットを構えてくださいました。温州ミカンの需要縮小と価格低下傾向への対策のひとつとして、今後は中東諸国など海外の富裕層に向けての輸出を推進したいとのこと。アラビア文字表記の名刺も作ってあり、いつ現地視察などがあってもOK。その熱意が、ジャストミートで国境を越えて届くといいですね。

有田地方で話されることばの中でも、とくに地域色が濃いーといわれるのが辰ケ浜地区。地元の魚屋のおじさんによると、「昔は無線もなかったから、漁師同士が海の上でやりとりするうちに、ぶっきらぼうな荒いことばになった」とのこと。たとえば「僕・俺」が、浜弁では「わえ」や「うら」に。言葉が荒くれっぽい土地柄とはいえ、笑顔がやさしい魚屋さんは、イワシを一匹オマケしてくれました。
posted by wbs at 19:00| 有田市